MENU

必要書類に嘘の記載はNG

カードローンを申しむ際には、必要書類に不備なく必要事項を記入するようにしなければいけません。特にこれまでのお金の貸し借りなどの金融履歴などはしっかりと確認し、間違いがないように慎重に申告します。この提出書類への記入の仕方というのはともて大切で、ちょっと間違えただけもかなりのマイナスポイントとなってしまうのです。まさに、提出書類から申し込み人物が信用できるかどうかを計ろうとしているのですから、ここは一切に間違いもなく記入したいものです。

 

書類作成の中でも特にやってはいけないのが、年収などの虚偽の申告です。顔が見えないから何をかいてもばれないだろうと、つい出来心でやってしまった…なんて大変。嘘はすぐにばれます。

 

年収が多いほうが借入しやすいだろう、他社借入額は少ないほうがいいだろう…なんて、自分が思い描く審査に通りやすい人物像で記入してしまう人がたまにいます。これは愚かな行為ともいえるもので、こんな嘘はすぐにばれてしまいます。スタッフも審査に長けているので、こうした嘘というのは簡単にばれてしまうのです。なぜならは、審査に当たるスタッフは、申告された内容をそのままそっくり鵜呑みにしているわけではないからです。細かいところまで調査して、その書類内容が真実かどうかを見極めているのです。

 

特に過去から現在におけるお金の貸し借りについては、信用個人情報にすべて記載されています。照会することですべて知られてしまうので、書類を立派に書きあげたとしても無駄なのです。また、民間情報機関を利用して、勤務先の情報収集なども容易におこないます。審査を円滑におこなうために、さまざまなツールを持っていますから、書類に嘘を記載することは絶対にやめておきましょう。


口座の開設は必要?

銀行のカードローンを利用するとなると、それにはやはり銀行口座が必要になるのでしょうか?

 

それは、銀行によって異なるものとなります。口座の開設を必要とするところもあれば、必ず開設しなければいけない…なんてことはないのです。ただ、借り受けたお金を受け取るのに振込みを希望しているのであれば、これは口座があったほうがいいですね。口座の有無は銀行によって異なるので、申し込みをする前に確認しておくといいでしょう。

 

とはいえ、早い借入を希望しているのであれば、口座は持っておいたほうがいいもの。口座がある銀行のカードローンの利用であれば、借入までの手続きがスピーディ。ただし、審査が甘くなるといったことはありません

 

口座がなくても借入できる場合というのは、カードでの出金になります。申し込みをして審査をパス、契約が完了するとカードが手元に送られてくるのです。これは普通預金口座のカードではなく、あくまでもカードローン専用のカードですので、くれぐれもお間違いなく。このカードで系列銀行のATMやコンビニなどの提携しているATMから借入できるようになります。ただし、カードが届くまで1〜2週間といった時間がかかるので、急ぎの借入のときは無人契約機で受け取るようにするといいです。