MENU

夫の信用情報も見られるのか?

カードローンを申し込むと、その審査において個人信用情報の照会がおこなわれます。申込者の過去と現在のお金の貸し借りを調べると共に、今回新たに申し出のあった融資の件がデータに加わる事となります。こうした情報の照会や登録は、あくまでも本人のみで登録されることとなります。

 

専業主婦の場合、配偶者である夫の収入が審査に関係してきますから、夫の信用情報の照会や登録までも必要になるのでは…と、思われがちですが、実はそうではありません。確かに、専業主婦がお金を借りるには、夫に安定した収入がなければいけないのですが、だからといって夫の個人信用情報に妻の借入や返済情報が掲載されることはないのです。また、取引内容が夫に告げられる事もありません。

 

個人情報保護法からも、プライバシーに関係する情報の取扱いが非常に厳しいものとなっています。そういったことからも、本人以外は開示請求をすることはできませんし、配偶者だからといって夫の信用情報を調べたりすることはないのです。これは、夫がお金の融資をお願いする際には同じことです。

 

とはいえ、妻の信用情報にブラック情報が掲載されていたりしたら…これはまた話が変わってきます。返済が遅れることが何回か繰り返されたり、債務整理などをおこなっていたりしたら…要注意人物として審査が通るのも厳しいものとなるでしょう。


夫に確認電話は入るのか?

専業主婦がカードローンを利用するには、配偶者である夫に安定した収入があることが絶対条件となります。となると、一つ心配になってくるのが、審査の際に夫の方にも確認の電話をいれるのかどうか…です。これは、夫にも確認するカードローンもあれば、しないとしているカードローンもあります。前者としては、夫の属性や年収が審査対象となっていることからも、当然夫の勤務先に連絡する必要がある…ということ。この件については、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。では、後者の夫に確認連絡をしないカードローンでは、一体何をもって在籍確認としているのでしょうか?

 

専業主婦のカードローン利用は、本人確認ができれはそれでOK…としています。なぜなら、専業主婦という時点で無職であることははっきりしていること。無職の人が普通に生活を送るなんてできません。そこにある程度の収入があることぐらいは誰にだった想像できることといえます。

 

ですから、在籍確認としては自宅におこなわれるものとなります。もちろん、家族が出たことを考慮して、カードローン会社名で名乗る事もありません。担当者の名前などを使って、カードローン会社からの電話だとわからないように配慮してくれるのです。

 

しかも、その確認の電話はおどろくほどあっさりとしています。申し込み内容について詳しく聞かれる事はなく、名前と生年月日などの簡単な質問をされるぐらいです。カードローン会社としても、記載されていた住所に本人が実在している…ということを確認するだけなので、在籍確認の電話であれこれと話すことはないのです。